エジンバラフェスティバル創立70周年記念メディアイベントに行ってきました!

British Embassy

2017年2月16日、何度目かの英国大使館。

この日は「エジンバラ フェスティバル創立70周年記念 メディアイベント」に英国アンバサダー枠でご招待いただき、東京にある英国大使館に向かったのでした。

British Embassy British Embassy

英国といえば紅茶、スコットランドといえばショートブレッド。最強の組み合わせを入口で頂いてから席に着きます。

British Embassy British Embassy

今年1月より新しく大使になられたPaul Madden(ポール・マデン)氏のあいさつの後、エジンバラで開催されている12のフェスティバルの集合体である「Festivals Edinburgh/フェスティバル・エジンバラ」のディレクター、Julia Amour氏、英国政府観光庁北米事務所所長、Paul Gauger氏の解説によりメディアイベントは進みます。
第二次世界大戦直後の1947年にスタートしたFestival Fringe/フリンジ・フェスティバルから今年で70年、エジンバラでは今ではほぼ毎月イベント(お祭り)が開催されているそうです。

前置きはこの辺にして、エジンバラとお祭り(イベント)について、私なりに紹介していきましょう。

エジンバラってどこ?

エジンバラはスコットランドの首都にあたります。世界遺産にもなっている古い町並みが印象的です。
そもそもスコットランドってどこよ?というと、イングランドの上(上の写真参照)。日本人におなじみなのは赤いチェックのWalkersショートブレッド、ウィスキー、キルトスカートにバグパイプあたりでしょうか。

エジンバラのお祭りって何があるの?

どんなイベントがあるかはこちらの「Edinburgh Festival City」を見ていただければ大変わかりやすいのですが、その中でも個人的に気になるイベント6つをご紹介します。

Edinburgh International Science Festival/エジンバラ国際科学フェスティバル
開催日:2017年4月1日~16日
公式サイト:http://www.sciencefestival.co.uk/

科学とテクノロジーの祭典としては世界初、ヨーロッパ最大級の科学イベントのひとつ。

Edinburgh International Film Festival/エジンバラ国際映画祭
開催日:2017年6月21日~7月2日
公式サイト:http://www.edfilmfest.org.uk/

1947年開始の映画祭。過去の初演作品は「タクシードライバー」、「ブレードランナー」、「E.T.」、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。

Edinburgh Art Festival/エジンバラ・アートフェスティバル
開催日:2017年7月27日~8月27日
公式サイト:http://edinburghartfestival.com/

首都の主要なギャラリーや美術館で展示やイベントが開催。サイトで販売されている公式グッズもオシャレ。

Fringe
Military Tattoo
Hogmanay

(せっかくなので素材ページからお祭りの様子写真も借りるの図)

Edinburgh Festival Fringe/エジンバラ・フェスティバル・フリンジ
開催日:2017年8月4日~28日
公式サイト:https://www.edfringe.com/

FIFAワールドカップの入場者数を上回る450万人が来場する世界最大の芸術祭。主な演目は演劇、ダンス、音楽など。

The Royal Edinburgh Military Tattoo/ロイヤルエジンバラ・ミリタリー・タトゥー
開催日:2017年8月4日~26日
公式サイト:https://www.edintattoo.co.uk/

伝統衣装を着たスコットランド軍楽隊と兵士がパレードするイベント。タトゥーはイレズミではなく太鼓やラッパのこと。

Edinburgh’s Hogmanay/エジンバラ・ホグマネイ
開催日:2017年12月30日~2018年1月1日
公式サイト:https://www.edinburghshogmanay.com/

ホグマネイはスコットランドで大晦日を意味する言葉。バイキングから人気アーティストまで様々な人々が参加。

お祭りだけじゃない!聖地もあるよ!

エレファントハウス

今年は「Harry Potter/ハリー・ポッター」第1作目出版から20年。スコットランドはハリー・ポッターの聖地でもあります。
著者のJ・K・ローリング氏が1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」を執筆する際に通っていたカフェ「The Elephant House/ザ・エレファントハウス」はエジンバラ中心地にあります。
映画のハリー・ポッターに登場するホグワーツ行きの列車と同じルートを辿る蒸気機関車・ジャコバイト号にも乗れるツアーもありますよ。
また、ロンドンにあるBritish Library/大英図書館では20周年記念展示会が2017年10月20日から2018年2月28日まで開催予定。

トレインスポッティング2

日本ではなぜか各方面で美少女になって大忙しのアーサー王。ガイ・リッチー監督によるアメリカ映画「King Arthur: Legend of the Sword/キング・アーサー:レジェンド・オブ・ソード(原題)」が2017年6月17日に日本公開。アーサー役は「パシフィック・リム」の主人公を演じたチャーリー・ハナム氏。
「T2 Trainspotting/トレインスポッティング2」は2017年4月8日に日本公開。どちらもスコットランドがロケ地に使われています。

どうやってエジンバラへ行けばいいの?

日本からならばまず飛行機。スコットランドへ行くにはヨーロッパか中東を経由するか、ロンドンを経由するのが一般的です。
ロンドンからエジンバラまでは鉄道で約4時間30分、飛行機なら約1時間20分。時間がないなら飛行機一択。旅情を求めるなら電車。安さを求めて夜行バス急行で約9時間という手も。

個人的オススメ・ロンドン&エジンバラ

経由するだけじゃもったいない、ロンドンも見ておきましょう。今年ロンドンにオープン予定のホテルも3つご紹介いただきました。

Ibis Styles Piccadilly Circus/イビス・スタイルズ・ピカデリーサーカス

ロンドン中心地、ピカデリーサーカスにあった大型商業施設「トロカデロ」。オタクショップ「TokyoToys/東京トイズ」、上の階には映画館、イギリスでは珍しいゲームセンターもあり、イギリスのオタクには有名なビルでしたが、2015年に閉鎖。それが今年、ホテルとして生まれ変わるそうです。客室数は583。イビスということから、低~中クラスの価格帯になるのじゃないかなーと予想。

Scotland Yard Hotel/スコットランドヤード・ホテル

通称浸透率は世界一かもしれないスコットランドヤード=ロンドン警視庁。それがなんとホテルになるというのです。ホテルとして開業予定なのは「切り裂きジャック事件」捜査本部もあったというグレートスコットランドヤード。エンバンクメント駅前にあり、レンガ建ての重厚感ある建物です。ホテルとしては5つ星の超高級ホテルになる模様。

Nobu Hotel Shoreditch/ノブホテル・ショーディッチ

カリフォルニアロール考案者、松久信幸氏が監修するホテル。客室数は150。スタイリッシュなホテルになりそう。サイトはこちら

紹介されたわけではありませんが、オタク視点で情報追加。
上で触れた「TokyoToys」、ロンドン店は閉店しており、現在はグラスゴーに支店があります。また、このサイトでも過去度々ふれていた、MCM Comic Con/MCMコミコン・スコットランドが2017年9月23日・24日にグラスゴーで開催されるようですね。

食事も美味いぞスコットランド!

最後にお料理でシメ。スコットランドといえばシーフードですね。私としてはハギスも好きです。

大使館のお料理 大使館のお料理

大使館のお料理!

大使館のお料理

スコットランドといえばスコッチエッグ~…とwikiってみたら、「スコットランド料理ではない」との注釈が…。
いいんです!美味しいから!

おみやげ

お土産もいただきました。赤いチェックのWalkers!

TOP