201727 APR
英国アンバサダーアワード

26日は以前から楽しみにしていた、英国アンバサダーが英国大使館に集まる「英国アンバサダーアワード」開催日。なんと「ベストフォト部門」で賞をいただきました。このサイトを見てくださる方や、SNSでRTやイイネをしてくださった方のおかげです!本当にありがとうございます。これで新調したカメラ(前回のカメラの6倍の価格)も「自分へのご褒美」として言い訳が立つってもんだぜ!
仕事終わりで開始時刻に間に合わないのは確定していたので「どうせ間に合わないから遅刻でもするか~」と行ってみたら、まさかの受賞で一気に汗をかきました…


英国アンバサダーアワード

授賞式の後はお食事会や“英国王室ウォッチャー”にしぐち瑞穂さんのトークショーなど。英国大使館は敷地内に社員食堂ならぬバー(パブ)がある英国仕様と知ってビックリ。「エリザベス女王の靴を履きならす専任スタッフがいる」という話も出て2度びっくり。もちろんサンドイッチもお酒もポテトチップスも美味しかったです。こんなやつでもアンバサダーが務まるのか…と思ったアナタ!今すぐ「英国アンバサダー」に登録しよう!

さて、こうして英国気分を満喫してきたわけですが、実は本日夜から5月の連休を使って、リアル英国…ラピュタの聖地・ウェールズに行ってきます。あと同人誌のネタ集めと写真の練習。
そして地味にサイトのhtmlを書き換えました。全ページ書き換える時間がないので、ちょびちょびと。古いページはネット上には残っていますが、絵のページはついに全消去となりました。

201730 MAR
迎賓館赤坂離宮

3月26日に「オタク活動 in 海外・情報交換&交流会 6」を開催いたしました。今回は交流会のみということで、秋葉原にある「とらのも」様こと「トラ(ノ)アナ NOMOO」での開催となりました。ロシアやドイツの方々にも参加して頂けました。何かと課題や問題点も多くあったと思いますが、参加してくださった方々に楽しんでいただけたら幸いです。

写真は迎賓館赤坂離宮。一般公開日に行ってきました。内部は撮影禁止だったので、外観をパシャリ。バッキンガムかベルサイユのような豪華絢爛な空間でした。

あ、そういえばあと数日で4月1日なんですね。今年も何もやりません。力尽きた…

201721 MAR
英国自然史博物館展

「始祖鳥」、知ってますよね?これを「しそちょう」と読むことも知ってますよね?なぜ知ってるかと聞かれると「教科書で見たから!」と答えられる方も多いはず。
でも大きさは?どんなふうに飛んでたの?と聞かれるとちょっと想像がつきません。私もそうでした。そんな「始祖鳥」を日本で見ることのできるイベントが東京・上野の国立科学博物館で開催されている「大英自然史博物館展」。
この報道向け公開日に英国アンバサダー枠でご招待いただきました。あ!これテレビでよく見るやつ!と、図々しくもテープカットから見学。忘れないうちにスマホで撮影して、忘れないうちにTwitterで制作したまとめがこちら


英国自然史博物館展・展示されている骨格標本

「大英自然史博物館展」はロンドンの「Natural History Museum/自然史博物館」にある貴重なコレクションの世界巡回展で記念すべき最初の展覧会。8000万点に及ぶ膨大なコレクションから選りすぐりの約370点が展示されています。骨格や動植物の標本、剥製、珍しい隕石・鉱石、美しい絵画に書籍など。見どころ満載です。

私、英国に住んでいた初期3か月、ロンドンの美術館・博物館に通うことを日課としていました(英語も話せないし友達もいないから通っていた…とは言わない)。しかし、それだけ見ていたのに記憶にない展示品がたくさん。なぜだと思ったら、今回展示されている370点のうち、ロンドンで常設展示されている物は17点のみとの事。つまりロンドンの本家に行っても見れない品がここにはあるという事です。
解説も面白く、また、「この動物がもし生きていたら?」という動画も見ることができます。


英国自然史博物館展・グッズ

さらにはミュージアムショップにあるグッズ。本国より充実してない?!気合い入れすぎてない? マスキングテープ、キューピーちゃん、ピンバッジガチャ、始祖鳥の化石をせんべいにした「発掘せんべい」など、日本でしか手に入らない限定グッズが盛りだくさん。

この日、緊張のあまり時間配分がわからずダッシュで見たら時間が余ってしまい、終盤ずっとガチャってました。見落とし多いし、国立科学博物館の常設展も見たいし、チケット買ってまた行こう。
大英自然史博物館展は6月11日(日)まで、東京・上野の国立科学博物館で開催です。(公式サイト

TOP